アクティビティ報告

熊本城北ライオンズクラブ結成15周年記念式典

2019.10.07

天高く馬肥ゆる秋、ますますご繁栄のほどお喜び存じます。本日、熊本城北ライオンズクラブ
結成15周年記念を拳行するにあたり、熊本県知事
蒲島郁夫様、熊本市長大西一史様、ご来賓の皆様
337ーE地区ガバナーL.三島省吾をはじめ地区役員の皆様、姉妹クラブ鹿児島明倫LCの皆様、そして、ブラザークラブの皆様方に多数の御臨席を賜り、このように盛大に挙行できますことは、私達、会員一同にとってこの上ない喜びであり、光栄に存じます。

ここに、本日まで少数で協力しあった我々メンバーを激励して頂き、当クラブを代表して厚くお礼を申し上げます。私達、熊本城北ライオンズクラブは、2005年2月19日に熊本龍峰
ライオンズクラブをスポンサーとして結成され本日ここに15周年を迎えることが出来ました。

スポンサークラブ他、各クラブの皆様の暖かいご指導を賜りながら、当クラブで出来ることをみんなで協力しあい奉仕活動を続けてまいりました。
地球環境を守る&地域社会奉仕をスローガンに掲げる私達クラブが継続しているアクトが二つあります。

一つは、クラブ発足当時から月一で活動しています運動、公園の清掃奉仕であり、もう一つは、知的障がい者施設の皆様が地域社会で自立した生活が営めるよう支援するために始めたチャリティボーリング親睦競技大会であります。

2008年にスタートして、今年で11回目(2016年は熊本地震により中止)を迎えました。毎年、この大会に参加させて頂きながら思う事があります。支援と言う言葉よりは、大会に参加出事、進行役を仰せつかる喜びや、生徒様と交流出来る喜び、ストライクやスペアーが取れた時、抱き合って喜ぶ時間や、ガーターを一緒に悲しむ時間、そして期待いっぱいの表彰式。そのすべてが、私が生きる上での大切な時間になっています。

ボランティアの深さがそこにあると思います。自分自身が元気を頂いているのです。感謝!感謝!これからも継続していきたい二つのアクトです。熊本城北LCメンバーは、15周年を新たな出発点として、皆様にご指導を仰ぎながら、地域に密着して環境、福祉の活動を続けて参ります。

最後に御臨席頂きました皆様のご健康とご繁栄を心よりご祈念申し上げご厚情を賜りますよう願い致しまして歓迎の言葉と致します。本当に有難うございました。

写真ダウンロード(21.6MB)