アクト紹介(ゾーン並びにクラブ)

宇土市復興支援チャリティライブ「レモネードスタンド」

2018.04.30

2018年4月18日 

小児がん子供を守る「レモネードスタンド」によるチャリティ販売が開催されました。

レモネードスタンドとは
アメリカで、小児がんと闘う女の子が始めた「小児がん治療研究支援のレモネードスタンド」。少女のレモネードを用いた募金活動は、メディアにとりあげられ、全米に広がり、日本でも支援の輪が広がっています

今回は、宇土市復興支援チャリティライブにて「ライオンズクラブ337E地区 宇土ライオンズクラブ」が、小児がんと闘う子供たちのために。。レモネードチャリティ販売をさせていただきました。

また、FWT委員会におきましても
東北大震災、宮古市の女性が作るネクタイ再利用商品の販売。
東北のFWTが支援している商品を337E地区のFWT委員会が預かり販売し、益金は「小児癌の子供を守る会」に寄付されます。(地区の年次大会でも販売。)
使用しないネクタイをライオンズクラブのメンバーのご協力を頂き1001本集めさせて頂くことが出来ました。そのネクタイは宮古市にすでに送られています。

レモネードスタンドは9ゾーンの諮問委員会でレモネードスタンドのDVDを見て頂いた宇土クラブの方が共感して頂き、今回のレモネードスタンドの実施となりました。暑い中、沢山のご協力頂きました。