アクティビティ報告

ライオンズクラブ国際協会337-E地区  三献研修会

2018.11.02

熊本県赤十字血液センター三階大ホール
2018年9月26日(水)
熊本県LC三献運動協力会 司会 専務理事L.迫 英二

ご挨拶を3名の皆様より頂きスタートしました。
・ライオンズクラブ国際協会337-E地区ガバナー
L.高橋洋
・熊本県LC三献運動協力会理事長
L.冨永 雄二
・熊本県健康福祉部健康局薬務衛生課 
課長補佐松尾繁様

研修会では6名の講師により講話を頂きました。
・血液事業の現状について    
熊本県赤十字血液センター 推進課長   大和康博様

・献血セミナーについて
熊本県赤十字血液センター 医務課長  髙村政志様

・「献眼の流れと地区内高等学校の献血状況」
地区GST委員長 L.安原 光則

・クラブにおける献血推進活動について」
地区GST委員  L.野原 浩史

・骨髄バンクについて
公益財団法人 日本骨髄バンク地区普及広報委員
三ヶ尻 智彦様

・「臓器・角膜の提供と熊本県LC三献運動協力会の関わり」
公益財団法人熊本県移植医療推進財団  西村真理子様

・講 評   熊本県LC三献運動協力会 
GLTエリアリーダー・地区名誉顧問L.玉川孝

ゾーンチェアーパーソン・地区役員・各クラブより総勢100名の皆様にご参加頂き三献研修会が終えることが出来ました、ご参加頂いた皆さんありがとうございました。
GSTコーディネーター・地区GST委員長 L.安原 光則